第10回 講義日程

講義タイトル 農山村地域からのエネルギー転換
日程 11月19日(木)
講師 山下英俊(一橋大学大学院経済学研究科准教授)

講師略歴

1973年長野県長野市生まれ。一橋大学大学院経済学研究科准教授。東京大学教養学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。博士(学術)。専門は資源経済学・環境経済学。
「再生」と「循環」をキーワードとし、地域レベルで持続可能な社会の構築を模索している。著書に、『ドイツに学ぶ 地域からのエネルギー転換』(共編著、2013年、家の光協会)、『自立と連携の農村再生論』(共編著、2014年、東京大学出版会)、『農家が消える――自然資源経済論からの提言』(共編著、2018年、みすず書房)など。

講義の概要

本講義は、『農家が消える――自然資源経済論からの提言』の第6章(農山村地域からのエネルギー転換)に基づきながら、エネルギー転換を通じて農山村地域の持続可能性を担保するための方策を論じる。日本における具体的な取り組みを紹介しつつ、それらを「価値の制度化」という理論的視点の中に位置づけ、自然資源経済論の政策論のひな形を提示する。

講義の様子